ソニーピクチャーズ・スタジオ・ツアー
エリア ウエストウッド/センチュリーシティー
住所 10202 West Washington Blvd

 Expedia.com Travel
maps.expedia.com

Culver City, CA 90232
電話

323-520-TOUR

営業日 月曜日〜金曜日
参加費用 20ドル
ツアー
スタート時間
9:30、11:00、12:00、15:00
ご注意 スタジオツアーは平日のみ。参加資格は12歳以上。

● コメント

 カルバーシティにある「ソニー・ピクチャーズ・スタジオ」は、もともとMGMが所有していたもの。それをコロンビア・ピクチャーズが買い取り、現在は同社を傘下に収めたソニーのものとなっている。同スタジオ・ツアーは2時間の徒歩ツアーで、集合場所はソニーピクチャーズ・プラザビルのロビー。

 参加者が集合したところで、ビル内の視聴室において、ソニー・ピクチャーズの簡単な歴史を説明したビデオを鑑賞。その後、道路をはさんだ向かい側にあるスタジオへと移動する。ちなみに取材当日のツアー参加者は13人だった。

写真 写真

 最初に案内されるのは、「コロンビア・ピクチャーズ・ビルディング」と表示のある建物だ。中には「クレイマー・クレイマー」「ラストエンペラー」「アラビアのロレンス」など、コロンビアが過去に受賞したオスカー像と映画のポスターが展示されている。

 ソニー買収後、90年に整備されたという中庭「カルバーガーデン」は手入れが行き届いている。芝生は青く、花が咲いていて、ちょっとしたピクニック気分を味わえるほどだ。スタジオ関係者らが食事を取るという、コーポレートのダイニングエリアを通り過ぎ(チーズバーガーが12ドルだそうだ)、ポスト・プロダクション向けのサウンドスタジオが入った一見アパート風の建物の前を歩く。

 次に案内されたのが、映画に音楽をつける作業が行われる「スコアリング・ステージ」だ。防音のため、壁がすべて木張りになっている、レコーディング・スタジオである。ここでバーバラ・ストライサンド、ケニーG、ホイットニー・ヒューストンなどの有名アーチストも過去にレコーディングを行ったという。

写真 写真

 人気若手女優、ジェニファー・ラブ・ヒューイット主演の連続テレビドラマ「タイム・オブ・ユア・ライフ」撮影場所となっている、ステージ22を見学。昨年秋にスタートしたばかりの1時間ドラマである。主演のジェニファーは、映画「スクリーム」の他、この春終了する人気番組「パーティー・オブ・ファイブ」にもレギュラー出演している。

 次いでワードロープ・デパートメントへと移動。その名の通り、映画やテレビ撮影用の衣装を作成している部門だ。数台のミシンが並び、作りかけの衣装が何枚もかけてある。隣り合った部屋には、数え切れない量の衣装が並んでいた。

 次に向かったのが、ドラマ「ファミリー・ロー」の撮影ステージ。法律事務所らしく机が並び、ぱっとみただけでは本物のオフィスに足を踏み入れたようだ。ステージ30は、シチュエーション・コメディ(シトコム)「ザ・キング・オブ・クイーン」の撮影現場。30分のシトコムを撮影するのに、通常6時間以上が費やされるというから驚きだ。

写真 写真

 今度は、水を入れて、嵐のシーンなどを撮影するときに利用するというステージを見学。「フック」や「アルマゲドン」などの撮影にも使用されたとか。撮影が行われていない時は、単なる大きな穴にしか見えないが。ステージ15では、「Tick」というタイトルの映画向けセットを作っている真っ最中。同ステージではケビン・ベーコンとエリザベス・シュー主演の「Hollowman」の撮影が終了したばかりという。また「エアフォースワン」の撮影もここで行われた。

 最後、最初に通過したコーポレート・ダイニングの近くにある通りで10分間の自由時間をもらう。この通りには一般の人も利用できるおみやげ物屋、アイスクリームショップ、カフェなどがある。写真撮影が可能なのは、この通り付近のみ。


お問い合わせは、latour08@lataizen.comへどうぞ。
ロサンゼルス大全 (C)JPN Intermedia Corporation