Hollywood Entertainment Museum
エリア ハリウッド
住所 7021 Hollywood Blvd.

 Expedia.com Travel
maps.expedia.com

Hollywood, CA 90028
電話

323-465-7900

営業時間 夏季(6/15〜9/8):10:00-18:00毎日開館、冬季(9/9〜6/14):11:00-18:00水曜日閉館、クリスマスは閉館
入場料 大人:$7.50、60歳以上:$4.50、学生:$4.50、子ども(5歳以上12歳以下)$4、幼児(5歳未満)無料

● コメント

写真 ハリウッドの歴史を垣間見たい人におすすめなのが、このハリウッド・エンターテイメント・ミュージアムだ。特にスター・トレック関連のコレクションは充実しているので、ファン必見といえよう。

 ハリウッドの中心地にあるこの美術館は、円形ホール(Rotunda)、西ホール(West Wing)、東ホール(East Wing)の3つの部分から成り立っている。このうち、円形ホールは自由に見て回ることができるが、東西それぞれのホールを見学するには、25分おきにスタートするガイド付ツアーに参加する必要がある。なお、ツアー参加のための予約は不要。

 円形ホールには、受話器を通じてスターの録音によるハリウッドに関する歴史を聞くことができる「The Dream Merchants」、映画業界初期に利用された映写機などを展示した「Innovations」、特撮メイクができるまでのハウツーを見ることができる「Behind the Mask」、今は閉館したマックス・ファクター美術館からの展示物の一部を含む「Fashion」などのコーナーが設置されている。マックス・ファクター氏がモデルや女優のメイクアップに使用したと言うちょっと不気味な「Beauty Calibrator」は非常に興味深い。

写真 写真

 西ホールには、プロップ・ルーム、つまり映画撮影に利用された小道具が置かれた部屋や、コスチュームのあるワードローブ・デパートメント、アート・ディレクターの部屋などが再現された「The Back Lot」、人気シリーズ「スター・トレック」で実際に使用されたセットや小道具が配置された「Star Trek---30 Years and Counting」、今はもう終了した人気TV 番組Cheersのバーを再現した「Cheers」、映画撮影で使用された衣類を置いた「Star Wares Collection」などがある。スター・トレックのコーナーには、有名なトランスポーターやスペースシップのセットがあり、自分がまるで映画の1シーン内にいるような気分を味わうことができる。

写真 写真

 東ホールには、映画の音作り、つまり効果音を後から録音するFoleyを体験可能な「Foley Room」、映画のフィルム編集の一部を見ることができる「A.E. Schmidt Editing Suite」、好きな背景で写真撮影ができる「Kodak Spotlight Theater」などがある。フォリイ・ルームでは、用意された映像を見ながら、参加者がそれぞれ自分が受け持つ場面で効果音を出し、それを録音、後ほど再生する。これは参加者に大変好評なコーナーのひとつという。また、12種類ある背景のひとつを選択し、スター気分で写真撮影可能なスポットライト・シアターも人気がある。もちろん撮影した写真は購入可能だ。ちなみに価格は8インチ×10インチのもの1枚で15ドルから。

 また上記の常設展示のほか、季節ごとに様々なテーマで特設展示を開催している。


お問い合わせは、latour08@lataizen.comへどうぞ。
ロサンゼルス大全 (C)JPN Intermedia Corporation