今週のトピック トピック・バックナンバー

 LA ダウンタウンがおもしろい!

最近 ロサンゼルス ダウンタウンがおもしろくなってきました。ロサンゼルスのダウンタウンといえば犯罪、汚いなど 良いイメージはなかったのですが
10年前からのロサンゼルス ダウンタウンの再開発計画に伴い、最近はダウンタウンに新しい名所が次から次へとオープンしています。

昨年12月にオープンしたグラミー博物館は音楽ファンなら1度は訪れたい新名所です。 グラミー賞50周年を記念して設立されたグラミー博物館は、4階建てのフロアに歴代のグラミー賞受賞者たちの衣装や楽器を始め、さまざまなジャンルの音楽についての展示品があり 訪れた観光客が自分で作曲できるコーナーや子供が音楽に触れられるコーナーなどもあり 家族で楽しめる博物館です。

そしてダウンタウンの再開発の中心になっているのがロサンゼルス コンベンションセンターです。毎週色々なイベントが行われるコンベンションは年々規模を拡大しています。中でも毎年秋に行われるLA AUTO SHOWは世界的なイベントの一環になっています。1月と7月の年2回行われる CALIFORNIA GIFT SHOW(http://www.californiagiftshow.com/)は世界の雑貨が集まるアメリカ最大のSHOWです。次回は2009年7月17日-20日 LA コンベンションセンターで開催されます。

LA コンベンションセンターを中心に 新しい施設が次々オープンしています。

中でも3月に行われた世界フィギアスケート大会!日本にいる方も記憶に新しいと思いますが、世界フィギア選手権が行われたスティープルセンターは、バスケットのNBA ロサンゼルス レーカーズの本拠地でもあり そしてたくさんのコンサートも開かれるエンターテーメント会場として広く使われています。今月4月にはブリタニー・スピアーズ・コンサートhttp://www.ticketmaster.com/が開かれる事になっています。

スティープルセンターのすぐ前には 昨年オープンしたノキア シアター。収容人数7100名の会場はアメリカン・ミュージック・アワードの授賞式をはじめ、コンサート、演劇、ミュージカルに対応できる新名所になっています。

その他にも 有名建築家のフランク・ゲリーが設計したウォルト・ディズニー・コンサートホールは3次元の曲面建築で世界的にも評価を受けている建築で外から見ただけでも大変綺麗な建物です。ウォルト・ディズニー・コンサートホールは主にクラシックミュージックのコンサート会場として広く使われています。http://wdch.laphil.com/home.cfm

商業地域あり、イベント有り、そしてアートありの楽しい世界がロサンゼルス ダウンタウンで繰り広げられています。

これから 益々都市開発が進められているロサンゼルス ダウンタウンから目が話せません。



【LA大全 ツアー・予約取扱】


営業時間:米国太平洋時間午前10時〜午後5時(日本時間午前3時〜午前10時)
お送り頂いたメールにつきましては、上記営業時間内に回答致します。なお弊社にて外部に予約状況などを問い合わせる場合につきましては、回答結果が到着次第お客様に返信致しますが、米国時間の翌日になる場合がございます。ご了承ください。