今週のトピック トピック・バックナンバー

 Venice Beach【ベニスビーチ】

 

今週のトピックは、Venice Beach【ベニスビーチ】をご紹介しよう。

  ロサンゼルス・ダウンタウンから、I-10のフリーウェイを利用して車で西へ約30分 。 ベニスビーチは、ロサンゼルスの西海岸に位置し、サンタモニカとマリナ・デル・レイに挟まれた約2.5kmの素敵なビーチがある小さな街です。その内、約2.4kmもの間を海沿いにサイドウォーク(Ocean Front Walk)が設けられ、ジョギングやサイクリングを楽しむ人が集まっている。また、週末にもなればサイドウォークには大道芸人やアーティストなどがパフォーマンスを繰り広げているため、週日以上の賑わいを見せている。観光客が集まるサンタモニカとは違い、より現地人が集うのがベニスビーチである。

 このベニスビーチという地名で思い出すのは、イタリアのベニス運河であるが、そもそもこのベニスという街の名は1905年にイタリア出身の不動産家アボット・ケニーがイタリアの水の都ベニスを模して水路を設けたりリゾート地開発をしたからだと言われています。残念ながら、現在ではその殆どが埋め立てられてしまい、ほんの一部しか残っていません。その後1936年の油田発見と共に公害が発生し取り残された街になったが、1976年にその後日本でも大流行したローラーブレイドの発案により、このベニスビーチで大流行し人が集まるようになった。その頃、世界中から多くの芸術家が集まり街の壁に絵を書いたりして、この街を活気付かせました。

 現在では個性的で独創的な若者が多く集まり、このベニスビーチを盛り上げています。

 ロサンゼルスには、マリブビーチ、サンタモニカ、マンハッタンビーチ、ハンティントンビーチなど多くのビーチが点在していますが、その中でもベニスビーチは若者の集まる開放感の溢れるビーチであるため、臆せず気軽に立ち寄ることが出来る。マリブビーチやハンティントンビーチのように遠方ではないために、行きやすい場所である。

露天や大道芸人が多く集まる週末に訪れるのがお勧め。ビーチバレーに加わるのも一興である。

 

  ロサンゼルス観光でサンタモニカに行くことはあるが、ベニスビーチまで足を運ぶことが無いのが現状ですが、この機会に是非サンタモニカの目と鼻の先にあるベニスビーチまで行ってみてはいかがですか?

観光地化されたサンタモニカはモールもありショッピングを楽しむにも最適だが、現地人が集まるベニスビーチはロサンゼルスを知る第一歩。手荷物は持たないで軽装で現地人に混じって、のんびりベニスビーチを散策して下さい。

 

砂浜とサイドウォークの間に設けられたバイクルートではサイクリングやローラーブレイドを楽しむことが出来る

レンタル・サイクルも当然完備

1日 約$15

海沿いのサイドウォーク(Ocean Front Walk)沿いに建ち並ぶショップ

若者に人気の独創的なショップが多く並ぶ

某バラエティ番組での撮影場所となった海岸にある青空ジム(マッスルビーチ)とバスケット・コート

 

 

***各公式ホームページ***

 

★ベニス・ビーチ【英語】

http://www.venicebeach.com/

 

★マッスルビーチ 【英語、日本語(訳)】

http://www.musclebeachvenice.com/

 


【LA大全 ツアー・予約取扱】

営業時間:米国太平洋時間午前10時〜午後5時(日本時間午前3時〜午前10時)
お送り頂いたメールにつきましては、上記営業時間内に回答致します。なお弊社にて外部に予約状況などを問い合わせる場合につきましては、回答結果が到着次第お客様に返信致しますが、米国時間の翌日になる場合がございます。ご了承ください。