今週のトピック−2006年5月15日号 トピック・バックナンバー

 Los Angeles County of Art 【ロサンゼルス群立美術館】

 

 今週のトピックは、Los Angeles County of Art 【ロサンゼルス群立美術館】をご紹介しよう。

  このロサンゼルス群立美術館は、ロサンゼルス・ダウンタウン から車で西へ約20分。ロサンゼルスダウンタウンからサンタモニカを結ぶウィルシャー大通り沿いにある、アメリカ、ヨーロッパ、コンテンポラリー、イスラム、韓国、日本など10万点以上の美術品を展示している西海岸最大規模であり6つのビルディングを持つ美術館である。

 このロサンゼルス群立美術館は、以前この新着情報で紹介した「The Petersen Automotive Museum 【ピーターソン自動車博物館】」の目と鼻の先にあるので、ゆっくり美術館を散策したい人にはお勧めできないが、同日に両館を訪れることも可能である。

 トピック 「The Petersen Automotive Museum 【ピーターソン自動車博物館】」

 4階建てになっているアーマンソン・ビルディングは中央が吹き抜けになっており、それを取り囲むように展示室が並んでいる。展示品も多く、アメリカやヨーロッパの絵画、彫刻、家具、装飾品などを展示した階では、その地域や時代の生活様式を垣間見ることができる。

その他、古代史に興味がある人にはお勧めだが、マヤ、アステカ文明に関する展示品や、古代エジプト、古代アフリカ、イスラム教、そして東南アジアに関わる装飾品や彫刻などの展示品も数多くある。

 ビルディングの外に出なくても入館できるアンダーソン・ビルディングには、20世紀美術が展示されている。

そして、日本の文化や芸術を展示した日本館では、縄文時代から江戸時代までの作品が展示されている。

型どおりのロサンゼルス市内観光に飽きた頃に、ゆったりと訪れるのも良いのではないだろうか。


ウィルシャー大通りに面してそびえ立つこのアーチが目印

チケット窓口まではいくつかの階段を上る

館外の敷地には有名なタールピット(タールの沼)がある

日本の文化や芸術を展示した日本館もある

コーヒーショップもありのんびり観覧できる

 

***開館時間***
月、火、木曜日 12:00PM〜8:00PM

金曜日 12:00PM〜9:00PM

土、日曜日 11:00AM〜8:00PM

水曜日、感謝祭、クリスマスなど主要祝日 休館

 

***入館料***
一般 $9

学生、シニア(60才以上) $5

17才以下 、5:00PM以降、第2火曜日 無料

 

***駐車場*** 

$5〜

 

***ホームページ***

http://www.lacma.org/

 


【LA大全 ツアー・予約取扱】

営業時間:米国太平洋時間午前10時〜午後5時(日本時間午前3時〜午前10時)
お送り頂いたメールにつきましては、上記営業時間内に回答致します。なお弊社にて外部に予約状況などを問い合わせる場合につきましては、回答結果が到着次第お客様に返信致しますが、米国時間の翌日になる場合がございます。ご了承ください。