今週のトピック−2004年10月15日号 トピック・バックナンバー

★ Landmark (映画に使われたランドマーク)

 今回 のトピックは、映画、テレビなどの名場面のロケ地をご紹介しよう。

映画産業が盛んなハリウッドでは、年間多くの映画が制作されている。映画の撮影場所として、近年ではニュージーランドなど海外での撮影が主となりがちだが、毎週ロサンゼルス各地で映画を始め、テレビ、ミュージックビデオなどの撮影が行われている。ロサンゼルスを訪れる観光客も、偶然撮影に遭遇なんてことは多々ある。

 そんなロサンゼルスには、映画のストーリー上で無くてはならない名場面シーンのロケ地が点在する。

下記にてそんな代表的なロケ地とレンタル料金をご案内しよう。

写真

名称

THE BEVERLY HILLS HOTEL

(ビバリーヒルズ・ホテル)

LA BREA TAR PITS

(タールの沼)

GRAUMAN'S CHINESE THEATER

(チャイニーズシアター)

料金

$450-$900 無料 $5,000-$12,000
重要場面 Shampoo's den 「sin」 ティム・ワトソンが沈む場面 「1941」 プレミア後の様子「Blazing Saddles」
名場面 「American Gigolo」、「California Suite」など 「Bad Influence」、「Volcano」など 「Singin' in the Rain」、「The Majestic」など
簡略 天井に広がる鏡 太陽で照らされた不気味な泡 ハリウッドの黄金時代

説明

ダウンタウンから西へ車で約30分。高級住宅地で知られるビバリーヒルズの一角に華やかさに彩られたこのホテルがある。30代以上の方ならイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」のジャケットに使われたホテルとして記憶に残っているのではないでしょうか。

ダウンタウンから西へ車で約20分。LACMA(ロサンゼルス郡美術館)に隣接する公園内にこのタールの沼がある。更新世の時代(今から約100万年前)のタールの地層からたくさんの動物の化石が発見されている。当時この地域には湖があり、いろいろな動物たちが水を飲みにきて、地面の下にやわらかいタールがたまっているのに気がつかず、そこにはまってしまったと考えられている。

ダウンタウンから北へ車で約20分。ハリウッドの中心に位置するチャイニーズシアターは、有名人の手形や、足型で有名な観光スポット。隣接するハリウッド&ハイランドも新しい観光スポットであり、KODAK THEATERでは、毎年アカデミー賞が行われる。

写真

名称

ENCOUNTER RESTAURANT AT LAX

(ロサンゼルス国際空港 展望レストラン)

SANTA MONICA PIER

(サンタモニカ ピア)

QUEEN MARY

(クィーンメリー号)

料金

無料 $1,000 + $250(許可) $5,000
重要場面 司令塔「Airplane!」 シーディのスターダムへの第一歩「Inside Daisy Clover」 転覆場面「The Poseidon Adventure」
名場面 「Airport」、「Liar Liar」、「Midnight Run」、「Moonraker」、「Speed」など 「The Net」、「The Sting」、「They Shoot Horses」、「Don't They?」など 「Chaplin」、「Pearl Harbor」など
簡略 ジェット機場面の代表 海岸通り 旧世界栄光のビーチ

説明

ダウンタウンから西へ車で約30分。空の玄関となるロサンゼルス国際空港。日本への直行便も毎日就航しており、年間約4500万人が利用する世界でも有数の大規模の空港です。写真の未来的イメージの円形の建物は「テーマ・ビル」と呼ばれ空港の象徴にもなっており、上階には展望レストランあり、飛行機の離着陸を見ながら食事を楽しむことが出来る。
 

ダウンタウンから西へ車で約30分。1908年に作られた木造の桟橋の上に、写真で見ることの出来る遊園地「パシフィック・パーク」がある。サンタモニカをロケーションにした映画には多々登場する。近くには、「ターミネーター」のロケ地としても有名な巨大モール「サンタモニカ・プレイス」があり、週末には多くの買い物曲で賑わいを見せる。

ダウンタウンから南西へ車で約40分。サーファーで賑わうロングビーチに並ぶ、ロングビーチ港に、戦前のイギリスの豪華客船で大西洋を中心に活躍して現在は博物館、兼ホテルとしてクィーンメリー号が停泊しています。その上、すぐ近くに旧ソビエトの潜水艦も見学することが出来る。
 

写真

映画の名場面を振り返りながら、ロサンゼルス散策なんていかがでしょうか?

名称

CITY HALL

(市庁)

料金

$300 + $535(許可)
重要場面 爆発場面 「War of the Worlds」
名場面 「Dragnet」、「Internal Affairs、「L.A. Confidential」、「Mildred Pierce」など
簡略 市の象徴

説明

ダウンタウン中心に位置し、ロサンゼルス州政府の建物が点在する一角に建てられたシティホールでは、年中イベントなどが催され賑わいを見せている。

お問い合わせは、下記【LA大全 ツアー・予約取扱】までご連絡下さい。


【LA大全 ツアー・予約取扱】

営業時間:米国太平洋時間午前10時〜午後5時(日本時間午前3時〜午前10時)
お送り頂いたメールにつきましては、上記営業時間内に回答致します。なお弊社にて外部に予約状況などを問い合わせる場合につきましては、回答結果が到着次第お客様に返信致しますが、米国時間の翌日になる場合がございます。ご了承ください。