Ca'Brea
タイプ イタリアン
エリア ハリウッド
住所 346 South La Brea Ave
Los Angeles, CA 90036
電話 323-938-2863
ホームページ http://www.cabrearestaurant.com/
営業時間

ランチ・月〜金:11:30-14:30、ディナー・月〜木:17:00-22:30、 金〜土:17:00-23:00

価格帯 ランチ:$15〜40、 ディナー:$35〜60
予約 要予約
取り扱いカード MC、VC、AMEX、DINERS
目的 日本からのお客様、パーティー、恋人同士

●コメント

 ラブレア通りにある「カブレア」は、1990年にオープンして以来、今も客足がまったく衰えることを知らない人気イタリアンレストランだ。ロサンゼルス版ザガットでも毎年高得点をキープしている。オープン当初は店内入り口そばのバーカウンターはイタリア人の客で溢れ、人を掻き分けて前へ進むほどだった。また店に入って出るまでイタリア語だけで通用したぐらいだ。現在は地元のアメリカ人はもちろんアジア系のカスタマーからも高い支持を受けている。

 店内は落ち着いた造りで壁にはコンテンポラリーな絵が飾られている。クラシック感とヒップなテイストがうまくミックスされ、ミラノの高級ブティック街、モンテ・ナポレオーネ通り付近にあってもおかしくない雰囲気の良い店だ。料理も北イタリアのスタイルをベースにした洗練度の高いものが中心になっているが、ここ最近の時代の流れか、シンプルで素材の持ち味を素直に出した南イタリア料理も積極的に取り入れている。

 また、下のメニューを見ていただくと「香草」という字が多いのに気付く。これはヘルス志向の強いLAを意識して考えられたレシピーといえる。中でもポルチーニ茸と香草のリゾットは人気で、ハーブそのものがストレートに伝わってくる。

写真 写真

 さらに、この店は昔からバルサミコの使い方が非常に上手い。メニューに「Barsamico」と書かれた料理があったら是非試して欲しい。ほかに鶏や鴨料理もこの店の自慢。そして、それらの料理にピッタリ合うワイン、トスカーナ地方で600年以上の歴史を持つ、AntinoriのChianti Classicoは、おすすめの1本。料理の美味しさをさらに引き立ててくれるはずだ。

 この数年間、LA界隈でイタリアレストランが急増し競争が激しくなっている。その影響からか、毎年メニューの価格にあまり変動を感じない。日本なら1人1万円を優に超えてしまう食事が、LAでは45ドルぐらいでエンジョイできる。もっともそれ以上に私が嬉しいのは日本に比べ、オーセンティクなイタリアンが楽しめることだ。

写真 写真

 

●お奨めのメニュー

写真をクリックすると拡大します。

Antipasti(前菜)
Antipasti Di Sapori Nostrani
プロシュットハムとチーズ、ホームメイドマリネの野菜添え
$10.95
写真
 プロシュットハムとメロンや梨と一緒にというのがオーソドックスな食べ方だが、プロシュット自体、上品な塩加減になっており、そのまま食べても充分美味しい。
Ovoline Di Mozzarella Con Melanzane All'Origano
モツァレラチーズとトマト、バジリコとグリルしたナス
$10.75
写真
 色イタリア料理の代表的な前菜。イタリア産のモツァレラチーズを使って$7.50は、とてもお徳。
Vongole In Guazztto
アサリのガーリック、トマトソース煮
$11.95
写真
 アサリとトマトの持つ旨味が抜群の層状効果を出している。
Paste(パスタ)
Pennette Rustiche Al Pomodoro Ed Erbette Aromatiche
ペンネとスパイシートマトソース
$10.95
写真
 アラビアータによく似ている。このソースには、やはりペン先のようなパスタ、ペンネが最も合っている。
Bigoletti All'Aragosta E Frutti Di Mare
ベニス風自家製スパゲッティー ロブスターとアサリ入り トマトソース
$17.95
写真
 ロブスター、アサリから出るエキスがうまくパスタにからみ付き、口に入れた瞬間幸せを感じてしまう。Frutti Di Mare(海の幸)を堪能できる一皿。
Gnocchi Di Patate Con Intingolo Di Carni E Spezie
田舎風ポテトニョッキ 子牛ミートソースと香草
$17.95
写真
 ニョッキの単調な味をボロネーゼに似た子牛のミートソースで飽きをこさせないよう工夫を凝らしている。
Risotti(リゾット)
Risotto Al Ragu'Di Boleti Con Erbette Di Bosco
ポルチーニ茸と香草のリゾット
$13.95
写真
 ポルチーニ茸のツルツル、シャキシャキとした食感が楽しい、仮に日本の松茸を入れても同じ物ができそうだ。
Secondi(二番目・メインディッシュ)
Schiacciata Di Pollo Novello In Cremalada D'Erbe
スパイス、ワインと香草でマリネし、ブロイルしたチキン
$17.75
写真
 CaBreaの人気メニュー。マリネの味付けがその人気の理由。
Pesce Del Giorno
本日の魚料理(1) グリルしたカジキマグロ
時価
写真
 カジキマグロの余計な脂部分が取り除かれていてとても食べやすい。
Pesce Del Giorno
本日の魚料理(2) グリルしたチリ産スズキ
時価
写真
 身を一度マリネしてあり、日本でいう鱈の西京焼きを思わせるような身にほのかな甘味が付いている。
Dolci(デザート)
Torta Di Mere Al Barsamico
アップルタルト スイートバルサミコソース
$5.50
写真
 リンゴのほのかな酸味とバルサミコとの相性がとても印象的だった。
Tiramisu
ティラミス
$5.95
写真
 ボール状の器に入ったちょっと一風変わったティラミス。一般のに比べマスカルポーネの量がかなり多いが、けして重さを感じさせない。
Dolce Ca'Brea
チョコレートとコーヒーのケーキ バニラクリームソース
$5.95
写真
 この店の代表デザートとあって、さぞかしパンチの効いた甘いデザートと思いきや、日本のデザートに似た繊細な甘さで、ここに来る客の甘味に対する水準の高さが窺がえる。
Gelati
バニラ、ストロベリー、チョコレートの3色ジェラート
$5.95
写真
 3種類それぞれ上品でとても滑らかな舌触り。口の中でゆっくりと溶けていく。

 


お問い合わせは、latour08@lataizen.comへどうぞ。
ロサンゼルス大全 (C)JPN Intermedia Corporation