チップ

 チップ(Tip)の習慣はアメリカにいる限りはどこへ行っても避けて通ることのできない問題である。チップが必要となる場所は以下の通り。

タクシー
レストラン
理容院や美容院
ベルマン(手荷物の運搬)
バレーパーキング(車の車庫出し)
ドアマン(タクシー乗り場の案内係)
ラウンジのバーテンダー

  最初の上から3つまでは料金の15%ぐらいを目安に、あとの残りは1回サービスを受けるごとに$1から$2を渡せばよいだろう。

 チップについてはニューヨークのレストランで余りにサービスが悪かったために、お客がチップを置かなかったために裁判ざたになったことがあるなど過去にも色々と論議をよんだケースもあるが、一般的には従業員の収入はチップを前提に決められて居るので、飽くまでも従業員の労をねぎらう、あるいはサービスに対する感謝として払うものと理解願いたい。

 尚、レストランやタクシーにおいて、15%という数字にあまり固執しすぎて一生懸命にチップの額を計算している日本人をよく見かけるが、細かい数字にこだわる必要はまったくない。たとえばタクシーやレストランの料金が$16とか$17とか$18であった場合、$20渡しておつりをあげてしまえばそれでかまわないし、料金が$20だったら$23渡そうが$25渡そうがどっちでもかまわない。

 あくまでも15%は「目安」であり、それをある程度意識しながらキリのいい数字などにして渡せばそれで十分だ。もちろんサービスの内容に応じて強弱を付けてかまわないことは言うまでもない。サービスが悪ければチップを減らすだけでなく、その理由もハッキリ遠慮なく相手に伝えるべきだろう。

 最後に、アメリカ人でも悩んでいる「バフェにおけるチップ」について。

 バフェは自分で料理を取りに行くスタイルになっているためチップを置くべきかどうか悩んでいる者が少なくないが、結論から先に言うならば、「置くべき」である。

 ホテル側の言いぶんとしては、「飲み物の注文取り、コーヒーなどの差し替え、使用済みの皿の引き上げなどをやっているからにはチップを渡してあげて欲しい」とのこと。もっともな言いぶんかもしれない。これに納得するかしないかは別にして、どっちにしろひとり$1程度の話なので(バフェの料金そのものが非常に安いため)ぜひ置くようにしたい。もちろんサービスが特別悪かった場合は置く必要はない。


お問い合わせは、latour08@lataizen.comへどうぞ。
ロサンゼルス大全 (C) JPN Intermedia Corporation