国際電話

 日本への国際電話は、ホテルの部屋からかける場合はまず外線へ発信できるような状態にしてから(ホテルにもよるが通常は「9」をダイヤルするとそのような状態になる)、国際通話の意味である「011」をダイヤルし、さらにそのあとに日本の国番号「81」、そして日本国内の市外局番も含めた相手先の電話番号から最初の「0」を取り除いた残りのすべての番号をそのまま続けてダイヤルする。 公衆電話からかける場合も同様な方法で可能だが、大量のコインの持ち合わせがない限りコレクトコール(着信者払い)になってしまう。家族にかける場合はコレクトコールでもよいが、得意先などにかける場合はそうもいかないだろう。そんなときに大変便利なのが日本のIDCやKDDがやっているクレジットカードなどによる特別な国際電話サービスだ。以下に紹介するこれらのサービスは、ただ単に便利というだけでなく、緊急時にも役立つばかりか、料金的にもホテルからの国際電話よりも圧倒的に安いのでぜひ覚えておきたい情報のひとつである。

★★ IDC ★★

 日本のIDC国際デジタル通信社がやっている「IDCジャパンストレート」というサービスは、公衆電話からでもホテルの電話からでも、

1-800-374-0120

をダイヤルするだけで日本に国際電話をかけることができる。日本人オペレーターが出るのでクレジットカード番号と相手先の電話番号を伝えればすぐにつないでくれる。ちなみに料金は以下の通り。

 最初の1分が900円、それ以降の1分が380円。

 また、オペレーターを通さないで日本語の録音指示に従って自分でダイヤルを操作する割安タイプの通話もある。それもホテルや公衆電話から 1-800-903-0080 をダイヤルするだけでOKだ。あとは録音指示に従ってクレジットカード番号などを入力する。料金は最初の1分が170円、それ以降の1分が90円となっている(ただしこの料金は日本時間が深夜の場合)。

★★ KDD ★★

 KDDも同様なサービスを提供している。「スーパージャパンダイレクト」サービスがそれで、日本発行のクレジットカードがあればプッシュホンを使ってどこからでもかけることができる(もちろん公衆電話からでもOK)。

1-800-433-0081

をダイヤルし、日本語ガイダンスに従ってカード番号、カードの暗証番号、相手先電話番号をプッシュボタンで押せば、直接日本へ電話がかけられるシステムだ。料金体系が6秒刻みのダイヤル通話料金となっているため、断然有利なサービスとなっている。料金は、最初の1分までが6秒毎に24円、1分経過後は6秒毎に12円。従って、3分話した場合は480円、5分話しても720円ですむ。さらに日本時間が夜間、休日の場合(月−金は19時から23時、土日および祝日は8時から23時)だと20%、また深夜(毎日23時から8時)だと40%割引になる。

 「スーパージャパンダイレクト」サービスで利用可能なカードは、KDDハローカードの他、日本で発行されたVISAカード、MasterCard、JCBカード、その他ほとんどのクレジットカードが使用できる。

 また、プリペイドカードの「KDDスーパージャパンダイレクトカード」も大変便利だ。かけ方はまったく同じで、1000円、3000円、5000円の3種があり、それぞれに50円、200円、350円のプレミアムが付いているのでさらに経済的だ。しかもカード残額がなくなるまで何度も使用でき、もし使い切れなかった場合でも日本を始め世界30ヶ国以上からいつでも使用できる。残高と通話可能分数は電話をかける都度日本語でアナウンスされるので安心だ。KDDの各営業所や旅行代理店で買うことができる。問い合わせは局番無しの0057(KDDオペレータ)まで。

 なお、クレジットカードを利用する際は、他人にカード番号が見えたり聞こえたりしないように注意する必要がある。特にアメリカではこうした犯罪が多発しており、思わぬところでカード番号が盗まれ被害にあうこともあり得るので十分警戒して欲しい。

 アメリカで料金、かけ方の他、何か国際電話のことでわからないことがあればKDDアメリカに日本語で問い合わせができる。アメリカ国内フリーダイヤル 1-800-888-5332(1-800-888-KDDA)

主要国の国番号(ABC順)


お問い合わせは、latour08@lataizen.comへどうぞ。
ロサンゼルス大全 (C) JPN Intermedia Corporation